★あろまの楽園★

~二次元大好き人間あろまが綴る徒然日記~ ※アロマセラピーとは無縁です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【GE2】『亡国の血戦』ハンニバル神速種討伐!(ロング編)

何度も戦っていて思ったんだけど、ハンニバルって、暴走したエヴァに似てるよね。特に神速種は、カラーリング的に初号機っぽい。外見から滲み出ている凶悪さが、神速種の実際の強さと相俟って、戦っているときのスリルが半端ない。

ハンニバル神速種との戦闘が楽しくて仕方がないのだが、かと言って、得意なショートばかり使っていても芸がない。ということで、今回はロング・バスター・ハンマーの三つの武器で戦ってみることにした。

…バレット?IE?そんなもん必要ねぇ!男なら腕っぷしだけの白兵戦!そうだろう?


GE2 2014-01-25-070356
GE2 2014-01-25-070402

てことで、まずはロングでの戦闘。装備とスキル構成は上のような感じ。

切断属性が高く、スキルも優秀なマインドペインは、正直チート級の武器だと思う。でも強いから使わずにはいられない。
GE2からショットガンに鞍替えすることになった金剛銃は、「全力攻撃」と「コンボマスター」が付いていて、近接と非常に相性が良い。
グボロ系装甲の天龍大甲は、近接と相性の良い「スタミナ大」や「アスリート」だけでなく、「ガード速度↑」や「ガード範囲拡大」が付いており、他のタワーシールドに比べ使いやすい装甲である。

切断属性の高いロングで戦う場合、狙うべきはハンニバルの両足。ここは部位破壊もなく、判定もクリティカルではないため、ダメージ効率だけを考えれば頭を攻撃する方が良いのだが、ショートやバスターのようなアドバンスド系の動作がロングにはないため、動きの速い神速種を正面から攻撃するのは自殺行為である。


GE2 2014-01-25-065643

私が使ったBAは「無尽ノ太刀・蒼」。この厨二っぽいネーミングがたまらない。
このBAは、ロングのBAの中で突出して強いというわけでもないのだが、単純に通常攻撃の威力を強化できる上に、これといって動作に癖がないため、非常に使いやすい。

基本的な立ち回りとしては、敵の攻撃を躱しつつ、隙をついてステップで接敵し、両足を攻撃してダメージを蓄積させることでダウンを奪い、そこでさらにBAで追撃を加えることになる。何度もダウンを奪うことで、相手の反撃を封じつつ、確実に敵にダメージを与えることができる。

気を付ける点としては、先述した通り、ロングにはアドバンスド系の動作がないため、攻撃時に欲張りすぎると、簡単に反撃を食らってしまうということと、足を狙う場合は、必ずハンニバルの右足(向かって左側の足)を狙うということである。前者も重要であるが、後者は特に重要で、左足をロングで攻撃する場合は、たいてい尻尾などの他の部位に攻撃を吸われてしまい、効率よくダメージを与えることができなくなってしまう。


GE2 2014-01-25-063832

何度か挑戦することで、やっと目標の5分を切ることができた。クリアタイムは4分30秒SSS+ランク。
前回はショート(リュカリオン)を使って攻略したが(【GE2】ハンニバル神速種ktkr!『亡国の血戦』SSS+)、基本的な立ち回りは同じだったにも関わらず、タイムには大きな差が出てしまった。単純に私の得手不得手も関係しているかもしれないが、この戦法ならば、ショート(リュカリオン)を使う方が効率が良さそうである。
また、ハンニバル神速種戦でIEを使ったことはないので、IEがどれくらい有効なのかはわからないが、連爆や速射を相手の弱点に上手く当てることができれば、そちらの方が速く討伐できるかもしれない。

とりあえず、ロングで目標を達成することができたので、今度は他の武器で戦ってみようと思う。ってことで、哀れ神速種さんは、引き続き私の娯楽に付き合わされることになるのであった。
関連記事
スポンサーサイト

| GE2 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aromalism.blog.fc2.com/tb.php/122-7aecc865

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。